0972-64-6320

メールお問い合わせ info@juuhousuisan.com

【本社】〒875-0052
大分県臼杵市大字市浜997番地の1

GoogleMap

【養殖場】〒875-0001
大分県臼杵市佐志生字藤田日ノ浦

GoogleMap

重宝水産の鮮魚

重宝水産では、佐志生の沖合で
「かぼすブリ」を中心に「大分ヒラマサ」、
「豊の活ぶり」などの養殖を行っています。

味よし、香りよし、見た目よし
重宝水産のかぼすブリ

「かぼすブリ」は、
大分特産のカボスを
餌に加えて育てる
新しいブランド魚です。

ブリの切り身は、魚をしめてから数日間はおいしく食べられるものの、ヒラマサやカンパチに比べて血合い部分が早く変色してしまうため、見た目の悪さから商品価値が落ちるという問題を抱えていました。
そのため、大分県の農林水産研究指導センターが研究を進め、餌にカボス果汁を添加する方法が開発されました。

カボスに含まれるポリフェノールやビタミンC等の抗酸化作用により、変色を抑えることができるだけでなく、リモネンの効果によって魚臭さも抑えられ、まさに「味よし、香りよし、見た目よし」の三拍子が揃ったおすすめの逸品です。

かぼすブリの活け締め出荷

臼杵の美しい海。生け簀に向かいます。

活け締め作業で鮮度を保ちます。

箱詰め作業。鮮度を保ったまま食卓へお届けします。

知る人ぞ知る高級魚
重宝水産の 大分ヒラマサ

ブリやカンパチと同じブリ属のヒラマサは、生産量が少ないことから「知る人ぞ知る高級魚」と言われてきました
夏はさっぱりと、冬はしっかりと脂がのって一年中美味しく食べられる大分ヒラマサを是非ご賞味ください。

引き締まった身と適度な脂が自慢
重宝水産の 豊の活ぶり

養殖魚とはいえ、豊後水道の潮流に洗われて引き締まった身が特長です。
エサも管理しているため、脂も適度に抑えられた定番の一品。